Code for final

ふぁいなる向けのコード置き場です。すでにコードじゃないこともいっぱい。

GitHub Actionsを使ってElectron with Vue.jsアプリのWindows/MacOS/Linux向けパッケージを同時に自動リリースするやりかた

Electronアプリを作ってGitHub Actionsを使って自動でビルドしてリリースしたいと思って調べてできたやり方をまとめます。
C#アプリではAppVeyorでやっていましたが、あの頃はGitHub Actionsなんてものはなかったので、今回はGitHub Actionsを使います。

final.hateblo.jp

GitHub Actionsとは

いわゆるCI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)というやつで、Jenkinsみたいなやつです。
ブランチにコードがコミットされたタイミングで自動でビルドして、自動でリリースする仕組みを構築できます。
GitHub ActionsではWindowsMacOSLinux(Ubuntu)の3環境でビルドできます。

ワークフローを作成する

GitHubリポジトリを開くと"Actions"があると思うので、そこをたたいて"New workflow"を選択します。
次の画面でテンプレートを選べますが、残念ながらElectronのテンプレートはないのでスキップします。
スキップは"set up a workflow yourself "を選択します。

自動ビルド&リリースのコードを記述する

AppVeyorは自動リリースする際、設定画面でいろいろするべきことが多かったですが、 GitHub Actionsはコードだけで完結します。
コードはyamlで記述します。
コードもブラウザ上で編集できます。

アプリはVue CLIを使っている必要がありますが、以下のコードを貼り付けるだけです。

name: Build Release Electron

on: [push]

jobs:
  build:

    runs-on: ${{ matrix.os }}

    strategy:
      matrix:
        os: [windows-latest, macos-latest, ubuntu-latest]

    steps:
      - name: Set Context
        env:
          GITHUB_CONTEXT: ${{ toJson(github) }}
        run: echo "$GITHUB_CONTEXT"
      - uses: actions/checkout@v1
        with:
          fetch-depth: 1
      - name: Set Node.js Version
        uses: actions/setup-node@v1
        with:
          node-version: 12.x
      - name: Install Yarn
        run: |
          yarn install
      - name: Install Vue CLI
        run: |
          yarn global add @vue/cli
      - name: Build for Windows
        if: matrix.os == 'windows-latest'
        run: |
          yarn run electron:build --windows nsis zip --x64
      - name: Build for MacOS
        if: matrix.os == 'macos-latest'
        run: |
          yarn run electron:build --macos dmg --x64
      - name: Build for Linux
        if: matrix.os == 'ubuntu-latest'
        run: |
          yarn run electron:build --linux AppImage --x64
      - name: Upload Artifacts for Windows Zip
        if: matrix.os == 'windows-latest'
        uses: actions/upload-artifact@v2
        with:
          name: ${{ github.event.repository.name }}-Zip Package
          path: dist_electron/*.zip
      - name: Upload artifacts for Windows Installer
        if: matrix.os == 'windows-latest'
        uses: actions/upload-artifact@v2
        with:
          name: ${{ github.event.repository.name }}-Windows Installer
          path: dist_electron/*.exe
      - name: Upload Artifacts for MacOS
        if: matrix.os == 'macos-latest'
        uses: actions/upload-artifact@v2
        with:
          name: ${{ github.event.repository.name }}-Dmg Package
          path: dist_electron/*.dmg
      - name: Upload Artifacts for Linux
        if: matrix.os == 'ubuntu-latest'
        uses: actions/upload-artifact@v2
        with:
          name: ${{ github.event.repository.name }}-AppImage Package
          path: dist_electron/*.AppImage
      - name: Release
        uses: softprops/action-gh-release@v1
        if: startsWith(github.ref, 'refs/tags/')
        with:
          files: |
            dist_electron/*.zip
            dist_electron/*.exe
            dist_electron/*.dmg
            dist_electron/*.AppImage
        env:
          GITHUB_TOKEN: ${{ secrets.GITHUB_TOKEN }}

ちなみにリポジトリ固有の情報はないのでそのままいけます。
nodeのバージョンのところはアプリに合わせて修正してください。

修正が終わったら右上の"Start commit"ボタンでコミットします。

ビルドをしてみる

ブランチにプッシュするだけで自動でビルドが始まります。
ビルド中は黄色でくるくる回ります。

f:id:finalstream:20200724124431p:plain

ビルドが完了したら緑のチェックマークになります。ビルドを選択するとビルドしたものをダウンロードできます。
ビルドしたものはArtifactsとして登録されています。

f:id:finalstream:20200724130747p:plain

左側にあるbuild(xxxx)を選択すると各プラットフォームごとのビルド結果の詳細を確認することもできます。
エラーが発生した場合はここを確認しましょう。
f:id:finalstream:20200724131030p:plain

リリースをしてみる

ブランチにプッシュしただけではリリースされません。
タグをうつとビルド後にリリースされます。
リリースされるとビルドしたものがAssetsとして登録されています。

f:id:finalstream:20200724131458p:plain

最後に

GitHub ActionはのGitHub機能なのでGitHubの連携設定とか不要で便利ですね。
またクロスプラットフォーム向けのビルドにも使えるので今後使っていきたいと思います。