読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Code for final

ふぁいなる向けのコード置き場です。すでにコードじゃないこともいっぱい。

Windows 8.1のWindows UpdateでKB2919355を適用するとエラー(80070005)が出た場合にすること。(解決済み)

コードではないんですが、会社でえらくはまったので。

半年くらい前に会社で新しく買ったマシンにWindows 8.1をインストールしてWindows Updateしたらわけのわからないエラー(80070005 ACCESS DENIED)がでたとこから始まります。

そのときは時間がなかったので、少しずついろんなことを試していたのですが、ようやく解決しました。

ググりまくっていろいろ試しました。
出るわ出るわ。日本語でも英語でも同じようにつまずいているひとはたくさんいるみたいです。
試したことを書きます。

とほかにもなんかいろいろやった気がしますが、ここまでのは全部だめでした。
ほかのアップデートは適用できるし別にいっかと思っていてあきらめていました。
で、Visual Studio 2015をいれようとしたらKB2919355がないとインストールできないとおっしゃってきたのがきっかけで再度火がつきました。

で、再度いろいろ調べてると「クリーンブート」すればいいと書いてあるところに目がつきました。
クリーンブートってなんぞ?と思い調べるとWindowsの実行に必要最低限のサービスで起動することということがわかりました。

だめもとでクリーンブートして、オフラインインストールパッケージでインストールするとなんとすんなり成功しましたー。

クリーンブートのやり方はmsconfigを起動して、MS以外のサービスを無効にするっぽいです。以下のページに丁寧に書いてあります。
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/929135

皆さん、Windows Updateでわけのわからないエラーに見舞われたら「クリーンブート」です!

とは言ってもWindows Updateでは様々な状況で様々なエラーが出るみたいなので必ずしもこれで解決するわけではないと思いますが、
クリーンブートはOSをクリーンインストールと諦める前にやってみる価値はあるかと。

結局、原因はよくわからなかったですが、なんかのサービスが更新するファイルを掴んでいたってことなのかな。ものすごくSEPっぽいけど。もしくは秘文か。